アクセスカウンタ

つつましくても不自由の無いくらし

プロフィール

ブログ名
つつましくても不自由の無いくらし
ブログ紹介
華やかさは無くとも
慎ましく平凡な暮らしの中には
本物の幸せがある、そう信じたい

zoom RSS

「笑い方」で判断できる性格・心理

2017/04/25 02:42

うれしかったり、楽しいときなどに出る「笑い」、笑い方にはその人の個性が表れています。笑い方を観察することで、その人の心理・性格を判断できるとされています。  


 


 笑っても声をあまり出さない人 


・なるべく声を出さずに笑うタイプは、控えめな性格です。自己主張をしないため、消極的で、大人しそうに見えるかもしれません。しかし、観察力は鋭く、相手のことを細かく分析しているようです。 


・消極的な性格をしており、恋愛でも完全な「草食系」です。自分を出すことが得意でない反面、同調性は高く、周囲の人と上手くやっていく能力は高いと言えそうです。  


 


 笑うときに口や顔を覆う人 


・大多数の大人の女性は、人から上品だと言われたい、笑っているときにかわいく見られたいために口や顔を覆い隠します。このタイプの女性は、恥ずかしがり屋であったり自分を出し切れていません。 


・ 控えめで穏やかな態度からは想像しにくいのですが、プライドはかなり高いほうです。また、こだわりが強く、自分なりの美学に従って行動するタイプでもあるでしょう。


 ・心から笑っている時にも手で口を「隠す」という行為は、そのまま「気持ちを隠す」ことにつながっています。こういう人は秘密主義であったり、人との関係に壁をつくったりする性格であると分析することができます。  


 


 大きな声を出して笑う人 


・「ワハハ」「ガハハ」と豪快に笑う人は、単なる陽気な人ではなく、周りへの気遣いがよくできる人です。自分が率先して笑い声をあげることで、場を盛り上げようとしているのです。 


・こうした女性は、細かいことにこだわらない、豪快な性格をしています。非常に開放的で、オープンな性格をしているので、「頼りになる姉御」のような存在として慕われることも多いようです。


 ・しかし、「大声で笑う人」の裏の顔は、虚勢を張っているため、ストレスをため込みがち。孤独を感じることも多く、一人ぼっちになることを恐れているでしょう。  


 


 手を叩いて笑う人 


・その行動には、無意識のうちに興奮を抑えようとする心理が働いています。ニヒルな笑いや冷笑とは違って、爆笑レベルの笑いは一種の興奮状態と言えます。 


・そんな「手を叩いて笑う人」の裏の顔は、人に流されやすいこと。まわりから求められている役を演じてしまうため、物事を自分で決めるのが苦手です。依存性が強いので、わがままな人たちに振り回されそうです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

つつましくても不自由の無いくらし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる